矯正歯科選びのポイント

1.頭部X線規格写真(セファログラム)検査をしている

セファログラムは診断のグローバル・スタンダードで、特に子どもの患者さんでは顎顔面の成長バランスや成長方向、量の予測をするために不可欠な検査です。

2.精密検査を実施し、それを分析・診断した上で治療をしている

認定証矯正歯科治療を行うためには、臨床検査として

@口腔内検査 A顎機能と咬合機能の検査 B顎のプロポーション検査 C筋機能の検査、また、診断資料の分析として@模型分析 A頭部X線規格写真の分析

などを実施した上で診断を行うことが不可欠です。

3.治療計画、治療費用について詳細に説明をしている

矯正歯科では、検査結果を詳細に分析した上で診断を行い,治療計画を立案します。治療計画については、わかりやすい治療のゴールやそのプロセスを患者さんに示しながら、それぞれの患者さんに適した治療装置とその効果,治療期間、第二期治療の可能性(子どもの場合)、保定、後戻りの可能性や治療のメリット・デメリットおよび抜歯・非抜歯について説明を行います。
治療費用についても、治療費、調節料、支払い方法(一括・分割)、装置が壊れたときの対応、転医あるいは中止する場合の精算についても詳細説明を行い、患者さんの同意を得てから治療を行います。

4.長い期間を要する治療中の転医、その際の治療費精算まで説明をしている

当院には治療中に転居等で診療所を変わらざるを得なくなった患者さんに、転居先にできるだけ近い矯正歯科を紹介する「転医システム」があります。
【紹介先】日本臨床矯正歯科医会所属の矯正歯科専門開業医 治療費の過不足も当会の取り決め目安に沿って精算を行います。

5.常勤の矯正歯科医がいる

常勤の矯正歯科医がいることは、以下のようなメリットにつながります。

・治療において画像診断ができる撮影機器などの環境・設備が整っている
・矯正装置が取れてしまったなど器具に不具合があっても、すぐに対応できる
・同じ担当医による一貫治療が行える

6.専門知識がある衛生士、スタッフがいる

矯正歯科への豊富な経験と知識があるスタッフがいることは、以下のようなメリットにつながります。

・矯正歯科医の指導監督のもとに、患者さんへのさまざまな対応が可能となる
・矯正装置への口腔衛生指導が行える
・治療中の食事指導が行える

お問い合わせフォーム