早期治療をしているけど歯並びが気になる

子供がもう何年も早期治療をしているけど、歯のガタガタが治らない。出っ歯が治らない。など気になることがある保護者の方はいらっしゃると思います。それもそのはず、早期治療は骨のズレをより小さくし、大人の歯が配列可能なスペースをできる限り確保することが目標であり、一本一本の歯を綺麗に並べることが目的ではないのです。最初の持っていた問題が大きかったり、十分な治療期間が足りなかったら百点のゴールが達成できないこともあります。数年かけて拡大を続けたにも関わらず配列しきれなかった場合は、そもそも大きくなれる成長のキャパシティーがなかった、歯が大きすぎた、装置が十分機能しなかった場合などがあり、大きな骨格的ズレなど状況によってはそもそも本格矯正を前提とした早期治療を行っている場合もあります。
当院では見た目が綺麗に並んでいるように見えるだけの歯並びは目指しておらず、ガタガタは残しても顎関節の問題だけは改善させようとしていることが多いです。顎関節のズレが残っていると、子供の間はそれほど症状として現れていない場合であっても、大人になった時に問題が出てくる可能性があるからです。
ご心配な事がございましたらお気軽にご相談ください。

ののやま矯正歯科医院

子供の矯正いつまで続けるの?

矯正治療には子供の時期に行う頭蓋骨の成長を利用した矯正治療と、大人になってから行う歯並び、噛み合わせを整える矯正治療と二種類あります。では、子供の頃から矯正を始めてどのタイミングで大人の矯正治療に切り替えるのかご紹介します。
人それぞれ個人差がありますが、多くの人の目安とするのが、永久歯へと歯の交換が終了しているかということと、頭蓋骨の成長のピークが過ぎているかの二点です。
成長期に最後に生えてくるのが12歳臼歯。前歯から数えて7番目の歯で、文字通り12才頃生えてくる奥歯のことです。
そして、身長が伸びるのと同じように頭蓋骨も成長しており、身長の伸びのピークの時期が過ぎると下顎の骨の成長のピークは過ぎてると言われています。下顎の成長が落ち着いてから、大人の矯正へと進みます。
概ね12〜13歳頃に子供の矯正を終了する方が多いですが、成長には個人差があり、お口の中の状態も人それぞれ違います。当院ではその人に合った時期を見極めて子供の矯正治療終了の時期を判断しています。

ののやま矯正歯科医院

顎関節の仕組み

「顎の関節から音が聞こえる」「痛い」「口が開かない」などの症状が出る顎関節症。実際、私たちの顎ではどのようなことが起きているのか一例をご紹介します。
顎関節は上顎の骨にある下顎窩(かがくか)と呼ばれるくぼみに、下顎の骨の先(下顎頭)が入り込んで構成されています。その上顎と下顎の骨の間でクッションの役割をしているのが関節円板です。
口を閉じている時、関節円板は下顎窩と下顎頭の間にあります。口を開けると、下顎頭と関節円板は一緒に前方に移動し、口を閉じると元に戻ります。しかし、音がする場合の一例では、口を閉じている時でも関節円板が前にズレていて、口を開けようとすると下顎頭が関節円板と引っかかり、そして引っかかりが外れて下顎頭が関節円板の下に潜り込み口が大きく開きます。この時にカクンと音がするのです。
顎関節症には様々な状態、進行度があるので一概に全ての人がこの状態であるとは言えません。
顎関節について気になることがございましたらお気軽にご相談ください。

ののやま矯正歯科医院

舌の位置を改善する装置

矯正と舌の位置は深く関係しています。
もし舌が24時間、下顎の内側に貼り付くように押し続けていたとしたら、すごい受け口の成長を示すでしょう。正常な舌の位置は上顎に軽くタッチする位置で下の歯には当たっていないはずです。受け口の人は間違いなく舌がお口の下半分に位置しています。この筋肉の問題を解決するための装置があります。
口腔内に装着する取り外し式のプラスチック製の装置です。主に夜間使用ですが、装着に慣れて貰うために日中も30分~1時間ほど装着して貰えるとより良いです。この装置は成長期の受け口のお子様に使うことが多く、上唇を内側から押しのけるようなシールドと歯がかるく接触する部分とベロの下側に潜り込む部分がありますが、形としては一塊の板状になっています。カスタムでお口に合わせて作る場合と、既製品を調整して使う場合があります。使用期間は最低1年、毎月のチェックを行っていきます。
気になることがございましたらお気軽にご相談ください。

ののやま矯正歯科医院

口周りの筋肉を鍛える

先日お伝えした噛むことの8大効用の中で、口周りの筋肉が鍛えられるという効果があるとお伝えしましたが矯正治療でも口周りの筋肉を鍛えることはとても大切なことです。
歯の生えかわりの時期に使用し、口唇、舌などの筋肉の問題を解決しながら軽度の歯並びのガタガタと上下顎の位置関係を改善する機能的顎矯正装置があります。シリコン製のマウスピースを、就寝前の1時間と就寝時に装着します。装着すると唇が閉じにくくなったり、口呼吸のお子さんは呼吸がしづらくなってしまうことがありますが、正常咬合を目指すなら唇を閉じるようにトレーニングし鼻呼吸へと切り替えましょう。そしてタングタグに舌の位置を合わせるようになっているので舌の正しい位置を身につけることもできます。
6か月を過ぎるときちんと使えている場合は、歯並び噛み合わせに変化が現れ、計2年弱の使用期間となります。
歯並び噛み合わせについて気になることがございましたらお気軽にご相談ください。

ののやま矯正歯科医院

噛むことの8大効用②

今週は先週の続きをご紹介します。
【ひみこの歯がいーぜ】
は…歯の病気を防ぐ:よく噛むと唾液がたくさん出ます。唾液は自浄作用といって口の中を洗い流したり、石灰化作用で虫歯になりかかった歯の表面を元に戻す働きをして歯周病や虫歯を予防しています。
が…がん予防:唾液に含まれる酵素には抗発がん作用があり、がんの発症を防いでくれます。
い…胃腸の働きを促進する:よく噛むことで消化酵素がたくさん分泌されるとともに、食べ物もしっかりと噛み砕かれるので胃腸での消化を助けます。
ぜ…全身の体力向上と全力投球:私たちは踏ん張る時に無意識に歯を食いしばっています。アスリートの方がマウスピースをつけてプレイしているのを見たことがあると思いますが、あれはしっかりとした嚙み合わせを作ることによって、より力を発揮するためです。
「噛む」ことの重要性を知ると「よく噛んで食べましょう」「一口30回噛んで食べましょう」の言葉の意味が理解できると思います。しっかりと噛める歯、嚙み合わせを目指しましょう。

ののやま矯正歯科医院

噛むことの8大効用

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
「噛む」ということは、食べ物を咀嚼し嚙み砕くだけでなく、全身を活性化させる重要な働きをしています。今回は噛むことの効用を学校食事学会が作成した標語を用いてご紹介していきます。
【ひみこの歯がいーぜ】
ひ…肥満を防ぐ:よく噛むことで満腹中枢が働き食べ過ぎを防ぐことができます。生活習慣病であるメタボリックシンドロームはあまり噛まずに飲み込む「早食い・丸呑み」が原因と言われています。あまり噛まないので満腹中枢が働かず結果食べ過ぎてしまうからです。
み…味覚の発達:よく噛むと食べ物本来の味がわかりますが、濃い味付けをすると塩分の取りすぎにより高血圧などの原因になります。
こ…言葉の発音がはっきり:噛むことは口の周りの筋肉を使うので、よく噛むことで表情が豊かになり言葉の発音がよくなります。
の…脳の発達:噛む刺激は脳にまで伝わります。脳に酸素と栄養を送り脳細胞を活性化させ、子供の脳の発達を促し、高齢者は認知症の予防へと繋がります。
ご紹介しきれなかった効用は次週お伝えします。

ののやま矯正歯科医院

矯正治療を終了した患者さんの声

ののやま矯正歯科医院では、矯正治療を終了した方にアンケートを取っています。今日は患者様の声を少しご紹介します。
Q:治療を始める前に不安に感じていたことは何ですか?
A:痛み、見た目、食事など生活に支障はないか?
Q:不安なことは治療が終わってどうなりましたか?
A:数日で痛くなくなるので思ってたより支障はなかった。クラスメイトとも普通に話すこともできたし歯並びが良くなり一層話したくなった。徐々に慣れて気にならなくなった。
Q:治療を終えてみて、今のお気持ちを言葉で表すとどんな感じでしょうか?思いのままにどうぞ。
A:スッキリしました!長期間装置をつけていたので外した時は少し寂しい変な感情がありますが、見れば見る程思わず笑顔になってしまう程、自分の歯じゃないくらい綺麗で感動してます。
Q:今から矯正を始める人たちに励ましのメッセージを下さい。
A:不安はあるかもしれませんが治療後の嬉しさはとても大きいものです。悩んでいたら是非治療して欲しいと思います。かなり歯並び悪くても治るのでやる価値あると思います。達成感とやってよかったという嬉しくなる喜びがあるので迷っている方は絶対にやった方がいいです。

アンケートを公表してもいいと承諾していただいた方のは待合室の壁に掲示させていただいてます。

ののやま矯正歯科医院

ののやま矯正歯科医院の衛生管理

以前、歯科医院でのグローブ、タービンなどのハンドピースの使い回しなどの問題がニュースになりました。今週は当院の衛生管理をご紹介します。
歯科医及びスタッフは全員手袋を着用し、患者様ごとに交換することはもちろん、皆様の診療に使うコップやエプロンは全て使い捨てとなっておりますので、毎回清潔な物を安心して使用していただけます。また、器具は患者様ごとに全て交換し、超音波洗浄・アルコール消毒・ホルマリンガス滅菌機を使用し徹底した衛生管理を行っております。
そしてチェアーなど診療ブースの中にある物も、毎回患者様ごとに、スタッフ・患者様が触れた所はアルコール消毒を行っております。
患者様に安全・快適に治療を受けていただけるよう徹底した衛生管理を行っておりますので、安心してご来院下さい。

ののやま矯正歯科医院

ダウン症と矯正治療

ダウン症の方は歯並びなど、口の中に少し特徴があります。
症状としては下の歯が上の歯より前・表側に出ている交叉咬合、反対咬合、下顎前突。奥歯は噛めているのに前歯が噛めていない開咬。これは舌を常に前歯で噛んでいる癖「弄舌癖」が関係している場合もあります。そして特にダウン症の方は舌が大きい「巨舌」の傾向もあると言われているので、その影響は大きいです。そして、歯の本数が生まれつき少ない先天性欠損があります。
これらはあくまで傾向なので100%ダウン症の方にこの症状が出るとは限りません。
当院では子どもの時期からの治療で、顎の位置がズレなく成長するためにマウスピースのスプリントを使用することが多いです。その装置がしっかりと使えて、その子の状態を見て負担を考えながら装置を増やしていきます。
そして当院は、障害者自立支援法に定められた一定の基準を満たし、指定された疾患による不正咬合の矯正歯科を保険診療として行う医療施設なので、健康保険が適用されます。ぜひ活用してください。

ののやま矯正歯科医院