保定装置を外したい場合

当院では、矯正治療を終えた患者様ほとんどの方に、歯の裏側に針金の保定装置を装着し保定管理をしています。
この保定装置は最低2年間は装着しますが、それ以降、患者様のご希望があれば、針金を外す事はできます。
しかし、この針金を外すと矯正治療前の歯並びに戻ろうとする後戻りの可能性が出てきます。何年も長い間保定装置をつけていても、外して数年後に後戻りが出る場合もあります。
そして、当院では保定中の方は定期的にクリーニングを行い保定管理を行っています。保定装置を使用しなくなる場合は当院での管理が終了したしますので、定期的なクリーニングは一般歯科を受診してください。
以上の事をご理解していただいた上で、同意書にサインをいただいてから装置を外していきます。外す際にはお時間いただきますので、事前にご連絡ください。

ののやま矯正歯科医院

保定期間とは

前回お話したように、矯正治療で綺麗になった歯並び噛み合わせを保つ時期の事を保定期間と言います。
当院では見た目の美しさだけではない機能的な咬合を目指して治療を行っています。今後、何十年と治療をして良かったと思っていただけるよう保定治療を行って参りました。安定している状況が確認出来ましたら、保定装置は撤去する事もできます。何かの環境が優れないため不安定な要素を抱えていれば、保定治療の継続をお勧めするかも知れません。また、矯正治療とは関係せず、人間の身体は年齢とともに変化します。20ー30年の経過で上顎歯列は前方に、下顎前歯は後方に移動し、ガタガタが出ると言われています。おそらく自然な歯の移動、筋肉や歯周組織に対応した変化と思われます。これらの変化を最小限に停めたい場合は、永久的な保定装置の継続をお勧めします。
歯並びや噛み合わせが維持するためには、「歯も健康、歯茎も健康、アゴの関節も正常、口の回りの筋肉も正常」が望ましいです。定期的な口腔管理を続けより良い状態を保ちましょう。

ののやま矯正歯科医院

矯正装置を外したら終わりではない

矯正装置を終了する時は、ワイヤーを外して終わりではありません。今日は矯正治療を終了する時の流れをご紹介します。
ワイヤーで歯を並べた後は取り外し式の装置を使い、さらに噛み合わせを仕上げていきます。
・DP(ダイナミックポジショナー)
ソフトな半透明のシリコン素材ですので若干の歯の捻れなどがあっても、この装置をはめることによって改善します。模型上の歯を咬合器上で精密に噛み合うように配列し直して作製したポジショナーを用いて、マルチブラケット治療の最終仕上げに用います。使用する期間は約1ヶ月です。1日数回程度、3分ずつエクササイズを行ってください。10秒間強く噛む~10秒間ゆるめる~10秒間強く噛む~(3分間)これにより正常咬合に近づきます。
・そのまま保定開始
通常上記の仕上げを行った後に、保定期間(後戻りしないようキープする期間)に入ります。
状況によっては異なる装置を用いる場合もあります。
矯正装置を外す際にはきちんとした準備が必要です。お引越しなどの予定がある方は早めにご相談ください。

ののやま矯正歯科医院

歯ブラシだけで磨いていませんか?

本日6月4日は「虫歯予防デー」です。そして、6月4日〜6月11日の1週間は「歯とお口の健康週間」です。
虫歯予防で大切なことは、まずきちんとプラークを落とすことです。
皆さんは歯磨きの時に歯ブラシ以外に使っているものはありますか?歯ブラシだけではどんなに丁寧に磨いたとしてもお口の中の汚れを全体の60%しか落とすことができません。残りの40%はどこに残っているのでしょうか?
正解は、「歯と歯の間」です。歯と歯がぴったりとくっついて並んでいたり、重なり合っている方は、その歯同士が当たっている面は歯ブラシの毛が入らないのでプラークを落とすことができません。
歯と歯の間のプラークを除去するためには、糸ようじ、フロス、歯間ブラシが必要不可欠です。
糸ようじも入れて出すだけだときちんと汚れを落とすことができません。糸をそれぞれの歯の側面に擦り付けるように動かしてください。
歯間ブラシは歯の隙間にあったサイズのものを選ばないと、歯茎に負担をかけてしまい、隙間を広げる原因になってしまいます。
100%プラークを除去できるよう、糸ようじ、フロス、歯間ブラシを使いましょう。

ののやま矯正歯科医院

タバコと矯正

5月31日は世界禁煙デーです。今日はタバコと矯正の関係性についてご紹介します。
喫煙をしているから矯正ができないということはありません。しかし、複雑な矯正装置がつくので、取れにくいヤニがつきます。毎回完全に除去することは時間の関係上難しいでしょう。
そして喫煙をすることは、血管を収縮させ、代謝を悪くします。全身の様々な病気の原因にもなりますが、お口の中では、歯周病のリスクを増大させます。この歯周病が進行している方は矯正を行うのが困難になります。歯は骨によって支えられていて、矯正は支えてくれる骨がないと歯を動かすことはできません。
そして、矯正治療を進めるにあたって外科的処置を行うことがあります。
抜歯、手術が必要な外科矯正、歯を引っ張る固定源に用いる歯科矯正用アンカースクリュー。これらを行う場合、傷の治りが悪くなったり、アンカースクリューは脱落してしまう可能性が高くなります。可能な限り禁煙して下さい。

ののやま矯正歯科医院

呼吸と矯正

先週「正しい噛み合わせを獲得する条件は正しく呼吸できていること」「口呼吸の人は噛む力が働いていない」とお話しましたが、今週は呼吸の仕方と矯正の関係についてご紹介します。
綺麗な歯並び噛み合わせには、鼻呼吸が必要不可欠です。
口呼吸の人は、舌が常に下に落ちていて、唇も開いています。これでは、歯に正常な力をかける事ができません。
鼻呼吸の人は、舌を常に上顎に吸い付け歯を裏側から支え、唇も閉じているので歯を表側からも支える事ができ、口周りの筋肉を自然と鍛える事ができます。
しかし鼻が詰まっている人は鼻で呼吸をする事が難しいため、口呼吸になってしまいます。よって、まず鼻の状態を改善することが正しい歯並び噛み合わせを手に入れる第一歩です。
当院では、口呼吸や舌癖がある方に足してはMFT(舌のトレーニング)を行い、鼻づまりの症状がある方に対しては「鼻うがい」をお勧めし、鼻うがいのキットを販売しております。
気になることがございましたらお気軽にご相談ください。

ののやま矯正歯科医院

舌と矯正

「舌が歯並びや噛み合わせと関係あるの?」と思われる方は多いと思います。
前歯が噛めない、すきっ歯、受け口、ガタガタなどの不正咬合には多くの場合、舌の問題があります。
歯がきちんと噛めるためには幾つかの条件があります。顎の関節、上顎と下顎のバランスといった骨組みが正しいことに加えて、正しく呼吸が出来ていること、正しく咀嚼が出来ていること、正しく安静にしていることといった機能的に正しいことが必要です。
改めて考えると歯はどこに並ぶのでしょうか?前後的にみると、唇と舌の間に並びます。垂直的にはどうでしょうか?咬むための筋肉は咬み込む方向に力を加えますが、歯は生えていく方向へゆっくり進んでいきます。口で呼吸する人は咬む力が働いていません。舌を出す・指を吸う癖がある人は、前歯に開く力が働いています。
正しい筋肉のバランスは正常咬合に必要になりますが、それが身に付いていない人は不正咬合にしかなりません。なんとか身につけるためには、徹底的にトレーニングを行い正しい状態に慣れてもらうことになります。

ののやま矯正歯科医院

5月5日は子供の日

5月5日は子供の日です。今日は子供の矯正装置についてご紹介します。
子供の時期の矯正は歯を綺麗に並べる事が目的ではありません。子供は頭蓋骨の成長があるのでその成長を利用し、上下顎のバランスを整える矯正を行います。
①ムーシールド:舌を置くプレートが付いているので舌を常に上に上げる事ができ、舌癖を改善する装置です。
②T4K:口周りの筋肉を鍛えて、軽度のガタガタと上下顎の位置関係を改善する装置です。
③ヘッドギア:上顎をゴムで後方へ引き、上顎の成長を抑える装置です。
④OMA:上顎をゴムで前方へ引き、上顎の成長を促す装置です。
⑤RPE:上顎に固定し、ネジを回して上顎を拡大する装置です。下顎はマウスピースタイプの拡大装置で広げていきます。
⑥リンガルアーチ:歯の裏側から歯に力をかけ、スペースを広げる装置です。
子供の時期に使用する装置を一部ご紹介しました。気になる子どがございましたらお気軽にご相談ください。

ののやま矯正歯科医院

スプリントが削れてくる

スプリントを使っていると噛み合ってるところがだんだんと削れてきます。
寝ている時に歯ぎしりをしている人は特に削れやすいですが、削れることは決して悪いことではありません。
歯ぎしりをしている人は歯が削れる代わりにスプリントが削れてくれるので歯を守ることができます。
スプリントはただ歯を覆うように作っているわけではありません。厚み、傾斜をつけ顎をズレのない位置へ誘導するように設計されていて、毎月、顎への負担がない位置へ顎位を誘導できるように精密に調整しています。
顎が安定してきて、良い軌道でスプリントが削れている場合は、敢えて削れてできた溝を残したりもします。
スプリントが削れてくるのはきちんと毎日装着していて、顎が動いている証拠でもあります。スプリント治療中の方はご家庭でもスプリントの変化に目を向けてみてください。良い兆候が見られるかもしれません。

ののやま矯正歯科医院うhv

顎間ゴム

マルチブラケット治療中に、ご自宅で患者さんご自身に装置にゴムを掛けて過ごしていただく事があります。
上と下の歯の真ん中が揃っていない時や、ヘッドギアを使用しながら歯の隙間を閉じている時、術後矯正などで使用します。
顎間ゴムといって、小さな輪ゴムをフックの装置に掛けて、日中過ごしていただいたり、就寝時つけていただきます。
上から下の歯へゴムを掛けた時は口が開けづらくなりますが、会話には支障ありません。
食事と歯磨きの時は必ずゴムを外しましょう。ゴムは伸びてしまうので毎日交換します。
患者さんご自身でゴムを装着していただくので、装着しなかったら、もちろん効果はありません。
はじめは、小さなフックに小さな輪ゴムをかけるのが難しいですが、だんだん慣れてくるのでご安心ください。
ゴムの掛け方は細かく変わることがあり、ゴムをかける時間も就寝時のみの場合と、食事と歯磨きの時以外は昼間もつけていただく場合と人それぞれ異なりますのでご注意ください。

ののやま矯正歯科医院