治療例

お子様の矯正治療をお考えの方 開咬(前歯が噛めない)

前歯の噛み合わせがしっかり出来ました。ベロのクセを取り除く装置と、トレーニングを併用し、上顎と下顎の骨のズレとなってきた顎の関係を改善する装置を使って貰いました。残念なことに下の前歯にはガタガタが出てきたので、今後どのように解決するか検討中です。開咬傾向が強いケースでは結果的に抜歯を行った方が安定性が高いので、将来的にはその様なことも視野に入れておいた方が良いかもしれません。小学生の時期から行う治療にて、よりよい環境にはなりますが、全ての問題が解決するわけでは有りません。よりよい歯並びと噛み合わせのために、中学生以降の本格的な矯正治療(マルチブラケット治療)が必要になることも多いです。

小学生の時期から始める矯正治療での利点を列挙すると

☆抜かない
適切な顎骨の発育が得られ、適正な歯の配列が獲得できた場合は、身体の財産を失わずに済む可能性がある。
呼吸、筋肉など多くの要素について調和を整える事で、結果的に機能的かつ自然な治り方になる場合がある。
成長変化で得られた結果については、後戻りが少ない
特別な条件では計画的に抜くことで治療期間を短くできる場合がある。

☆早い時期に治る
コンプレックスを感じる時間が短くて済む。思わぬ外傷の機会が減ることについては、エビデンスがある。
不正咬合を放置すると歯、歯茎、顎関節などに悪影響が有ったかも知れない
あるいは既に起こり始めていたダメージを回復できるチャンスが生まれる可能性がある。

☆見えない
内側の装置、夜だけ使用する装置の場合は、見た目を気にする必要がない

☆痛くない
骨に対するアプローチだと歯を動かさないので痛みがほとんどない
歯を動かす場合でも、大人と比較して痛みの程度が小さいと言われている。

☆簡単
複雑な装置はあまり選ばないので、虫歯のリスクが下がる。
壊れにくいものを選ぶと、トラブルも少ない。
条件が良ければ安価な治療費だけで終わる場合もある。

欠点としては、早期治療自体が数年間の治療期間となっており、マルチブラケット治療が必要な場合ではさらに治療が長引く。
治療の協力度が本人次第といったこと、成長が関与するので不確定部分が大きい、そのため、矯正歯科医のなかでも賛否両論ある、
などです。
しかしながら行った治療が全く無駄でない場合であれば、 早期治療・一期治療・子供の治療・小学生で始める矯正はお勧めしたいところです。

前ページへ戻る
お問い合わせフォーム