治療例

お子様の矯正治療をお考えの方 開咬(前歯が噛めない)

前歯の噛み合わせがしっかり出来ました。ベロのクセを取り除く装置と、トレーニングを併用し、上顎と下顎の骨のズレとなってきた顎の関係を改善する装置を使って貰いました。残念なことに下の前歯にはガタガタが出てきたので、今後どのように解決するか検討中です。開咬傾向が強いケースでは結果的に抜歯を行った方が安定性が高いので、将来的にはその様なことも視野に入れておいた方が良いかもしれません。小学生の時期から行う治療にて、よりよい環境にはなりますが、全ての問題が解決するわけでは有りません。よりよい歯並びと噛み合わせのために、中学生以降の本格的な矯正治療(マルチブラケット治療)が必要になることも多いです。
小学生の時期から始める矯正治療では、いくつか利点があると思われますが、欠点としては、早期治療自体が数年間の治療期間となっており、マルチブラケット治療が必要な場合ではさらに治療が長引く。
治療の協力度が本人次第といったこと、成長が関与するので不確定部分が大きい、そのため、矯正歯科医のなかでも賛否両論ある、
などです。
しかしながら行った治療が全く無駄でない場合であれば、 早期治療・一期治療・子供の治療・小学生で始める矯正はお勧めしたいところです。

前ページへ戻る
お問い合わせフォーム