治療例

お子様の矯正治療をお考えの方下顎前突(受け口)

上顎の成長促進の効果が出てきたようです。
リスク副作用:下顎前突は年齢とともに増悪する場合がある。治療が長期間になる場合がある。
まだ乳歯が多く残っていることや、受け口が再発することもあるので、今後の顎の成長変化を見ていかなければいけません。下顎前突はしばしば、中学生や高校生になっても増悪するケースがあるので、長期間の管理が必要な場合も多いです。
小学生の時期から始める矯正治療では、いくつか利点があると思われますが、欠点としては、早期治療自体が数年間の治療期間となっており、マルチブラケット治療が必要な場合ではさらに治療が長引く。
治療の協力度が本人次第といったこと、成長が関与するので不確定部分が大きい、そのため、矯正歯科医のなかでも賛否両論ある、
などです。
しかしながら行った治療が全く無駄でない場合であれば、 早期治療・一期治療・子供の治療・小学生で始める矯正はお勧めしたいところです。

前ページへ戻る
お問い合わせフォーム