治療例

お子様の矯正治療をお考えの方 叢生

顎も十分大きくなりました。飛び出た前歯も概ね並んで来ています。実際には先ず顎を側方に拡大する内側の装置を使い、スペースを確保した後に軽い上顎前突を改善すると共に唇側転位した前歯の舌側移動を夜間使用の可撤式装置にて行っています。このように小学生の時期の治療には大人になって行う矯正治療より幾つかメリットが有ると思います。放っておけば、抜歯ケースになっていたかも知れませんが、今のところは、非抜歯にて良い調和を保っているようです。どんな場合でも何が何でも全てを非抜歯治療 と極端に考えるのは良くないと思います。しかし本来身体が持っているキャパシティーの範囲で環境をコントロールできれば、幾つかのケースで無理のない「抜かない矯正」が可能になるでしょう。

小学生の時期から始める矯正治療での利点を列挙すると

☆抜かない
身体の財産を失わずに済む可能性が出てくる
抜かずに済むように調和を整えるので、結果的に自然な治り方になる
歯をこねくり回さないので、後戻りが少ない
特別な条件では計画的に抜くことで治療期間を短くできる場合がある

☆早い時期に治る
コンプレックスを感じる時間が短くて済んだり、思わぬ外傷の機会が減る
不正咬合を放置すると歯、歯茎、顎関節などに悪影響が有ったかも知れない
あるいは既に起こり始めていたダメージを回復できるチャンスが生まれる

☆見えない
内側の装置、夜だけ使用する装置なので見た目を気にする必要がない

☆痛くない
骨に対するアプローチだと歯を動かさないので痛みがほとんどない
歯を動かす場合でも、大人とは比較にならないほど痛みの程度が小さい

☆簡単
複雑な装置ではないので虫歯になりにくい
壊れにくいからトラブルも少ない
条件が良ければ安価な治療費だけで終わる場合もある

欠点としては、マルチブラケット治療が必要な場合では治療が長引くこと、
治療の協力度が本人次第といったこと、成長が関与するので不確定部分が大きい、
などです。
しかしながら行った治療が全く無駄に終わる ということも無いので、 早期治療・一期治療・子供の治療・小学生で始める矯正はお勧めしたいところです。

前ページへ戻る
お問い合わせフォーム