スプリント治療

歯並びに凸凹があったり、傾いたり、曲がってる歯、他の歯より早くぶつかる歯があると、自然と強く当たるのを避けるため、本来、下顎をそのまま閉じてきたときに咬む位置とずらしたところで咬む習慣がついてしまっています。これは、無意識に行っている場合がほとんどで、ずらして咬む期間が長ければ長いほど、顎関節に相当の負担がかかっていることでしょう。
そのため、当院では、治療をされる方の多くは、まずスタビライゼーション型の「スプリント」というマウスピースの装置を使っていただいています。治療を早く進めたいと思う方もいらっしゃるかと思いますが、安定していない状態で歯を綺麗に並べたり、噛み合わせが良くしても、治療後に後戻りや咬み合わせがずれてくる可能性があります。特に精密検査で、顎関節になんらかの問題があると考えられる人には欠かせない治療となっています。
治療方法としては、お口の型取りをし、それをもとにその方に応じた装置を作り、月に1回通院時に均等に噛めるように削って調節していきます。その結果、顎関節が安定し、顎や首、肩などの違和感が消えていく人もいます。
治療期間は長くかかりますが、顎の状態を考えて治療していくことは大切だと言えるでしょう。

s_%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a%ef%bc%92

ののやま矯正歯科医院