さまざまな矯正装置

前回、マルチブラケット装置についてお話しましたが、矯正治療はそれ以外にもさまざまな装置を使って治療を行っていきます。
上顎の骨自体の幅を左右に拡大するための「急速拡大装置」、歯の裏側からワイヤーで力を加えたり、保つための「リンガルアーチ」、上顎の奥歯を後ろに動かすために使用する「ヘッドギア」、顎の状態を安定させるために使用して頂くマウスピースタイプの「スプリント」、上顎を前方に成長促進することを目的とした「前方牽引装置」など、さまざまな装置があります。主に夜やご自宅でのみ使用して頂く取外しの出来る装置やお口の中につけたままになる固定式の装置。どの装置も個人差はあるものの、1週間ほどすれば痛みや喋りづらさ、違和感などに慣れてくると思いますので、それまでは様子を見て頂き、それ以降も症状が治まらないようでしたら、ご相談下さい。
使用する装置は、精密検査の結果、そして、その後のお口の中の状態によって異なります。その都度、その時の状態にあった装置を使い、歯並びを改善していきます。

s_名称未設定

ののやま矯正歯科医院