歯並びとおしゃぶりの関係

おしゃぶりの使用には様々な理由が考えられます。子育てのスタイルの変化や、おしゃれなデザインの登場、口呼吸の防止になると考える人もいること、外出先で子供がぐずった時のお助けに、など子育てする上で何かと便利なのかもしれません。
しかし良い事ばかりではなく、ミルクを飲む量や時間の減少、中耳炎になりやすいことなど、マイナス面もわかっています。おしゃぶりが長期化すると今度はおしゃぶりの代わりに指を吸ったり、舌を突き出すのが癖になることも少なくありません。1歳半や3歳児検診に行くと、おしゃぶりや指しゃぶりを長く続けているお子さんは一目でわかるほど顎の骨やかみ合わせ・歯並びに大きく影響が出ています。
母子手帳の幼児期1歳頃のページには「歯並びやかみ合わせが悪くなることがあり自分で声を出す機会が減るためコミュニケーションが少なくなる」「おしゃぶりは早めに卒業しましょう、歯並びや口や唇の形が心配な場合は早めに歯科医師などの専門家に相談を」と記載もされています。
様々な面を持つおしゃぶりの使用ですが子供自身ではその使用を制限できません。かみ合わせへの悪い影響を心配される方は、離乳の時期をやめる目安にしてはいかがでしょうか。かみ合わせの悪化も早期に対応することががスムーズな改善につながります。
20140829173421