ガタガタの歯並び

現代の子どもたちは、顎が小さいといわれています。それは、生まれつきや食生活の変化により、口当たりが良く、柔らかい食べ物が増え、よく噛まなくても食べれるようになったことが原因として考えられています。顎が小さいと歯が並ぶスペースを十分に取れず無理矢理並ぶことになります。そのため、八重歯や乱ぐい歯と呼ばれるようなガタガタの歯並びになってしまいます。特に、犬歯は上顎で一番生え変わりの順番が遅く押し出され八重歯となることが多いです。
八重歯というと可愛いと感じたりしますが、それは日本だけであり、世界的には良いイメージがないようです。また、犬歯は歯の中で根が深く、長さも最も長いため、顎の動きを正常に行い、噛み合わせのためのとても重要な歯とされています。正しい位置に生えないことによって、臼歯に対する力のコントロールができず負担がかかり、将来歯を失ってしまう可能性が高くなります。そういったことを未然に防ぐため、正しい噛み合わせが大事になってきます。

s_名称未設定 2-1

ののやま矯正歯科医院