オーランドに行ってまいりました

ののやま矯正歯科医院 院長 野々山です。5月の3、4、5日はRoth Study Club International のAnual Meetingに参加してきました。開催地はアメリカ フロリダ州オーランドという所でして、ディズニーワールドがある場所 と言う方が分かりやすいですね。今回はスピーカーとして口演をさせていただきました。日本では保険が適応されている事もあって、外科矯正治療は珍しい治療ではなくなりました。しかしながら、大きな不正咬合を持っているだけに顎関節にも大きな問題を持っている患者さんも少なくありません。術後に思わしく無い治療経過を経験されている矯正歯科医は多いと思います。顎関節にフォーカスを当てた治療での症例報告を行いました。今回はメキシコからの参加者がとても多かったのですが、実際に行われている手術のことや、手術を受ける患者さんのことなど多くの質問がありました。まだ今のメキシコでは外科に踏み込むのが困難な事情が有りそうです。また矯正歯科医だけでなく、口腔外科医とともにレベルアップの必要があるでしょう。このミーティングでは全参加者の症例報告を見る事ができます。日本のメンバーは几帳面、外国の先生方は割とルーズな治療 という印象があったのですが、ここ数年は、どんどんレベルが上がってきています。今後もより一層良い治療が出来るよう頑張らねばと思いを新たに致しました。

or8H3UJAThYJ7Ee1463134303_1463134316

ののやま矯正歯科医院