歯周病

虫歯と並ぶ歯科の2大疾患として挙げられる歯周病。それは、歯と歯茎の間に歯垢や歯石が溜まり、細菌感染によって歯の周りに炎症が起こるとされており、成人の多くが患っている炎症性の病気です。ひとことに歯周病といっても、初期段階の歯茎が腫れる程度の「歯肉炎」と、更に進行すると歯を支えてる骨が破壊され、最終的に抜けてしまう「歯周炎」があります。しかし、影響は口腔内だけでなく、全身の疾患とも関係しています。例えば、誤嚥性肺炎や心臓病、脂肪肝炎、糖尿病、骨粗しょう症、早産・低体重児出産など。
主な予防・治療法としては、食後の歯磨き(特に就寝前には必ず)、禁煙、歯間ブラシなどを使った歯磨きといったご自宅でのケア。歯石の除去、麻酔をかけて普段見えない深い場所や歯の間の歯石を取るなど、歯科医院で行う方法があります。
矯正治療に年齢の制限はありませんが、そのためには歯茎や歯を支えている歯が健康でなければ治療は出来ません。その際には、歯周病治療を優先して行い、安定性が確認されてから矯正治療となりますので、治療に時間をかける必要があるでしょう。矯正の有無に関わらず、健康な歯を維持することは大切だと言えます。

20160318181704-1

ののやま矯正歯科医院