八重歯の問題

 動物の歯にはそれ役割に合った形をしています。学校でも勉強したことがあるのではないでしょうか。前歯は食べ物を噛み切るため、奥歯は石臼(いしうす)のように食べ物を噛み砕くため、では前中心から3番目に生える犬歯は?犬歯にもちゃんとした役割があるのはご存知ですか?
 見た目にはわかりませんが、レントゲンを撮ると歯の根が他の歯よりも長く強度があります。もしも他の歯が何らかの原因で抜けてしまったとしても犬歯は最後まで残りやすいのも強い歯根のおかげですね。犬歯は咬み合わせの位置を保ち、あごの動きを正常に行う大切な役割を担っています。下顎の側方運動をした時(歯ぎしりもその一つ)に歯にかかる負担を分散できるのは犬歯だけ。これがもし、八重歯などの不正咬合で他の歯並びに犬歯が参加できていないとなると、他の歯や歯を支える歯周環境、更に顎関節へも次第に影響が出てくるでしょう。
 全体がきちんと咬める環境にあれば歯の寿命も延びます。矯正治療でお口の環境を整えて自分の歯を大切にしませんか?

20160118124928-1

ののやま矯正歯科医院