歯並びと健康

自分の歯並びが気になりだすのは小学生高学年〜高校生にかけての人が多いのではないでしょうか。それくらいの年齢は乳歯は抜け永久歯が生えそろう頃で、その人の歯並びが完成する時期でもあります。

思春期は運動能力や身体や心の健康面でも大きな変化があり、人の目が気になる年頃、第一印象を左右する歯並びへの関心も高いようです。見た目だけでなく、かみ合わせが良くしっかり咬むことができれば、血流が良くなり脳が活性化され集中力が高まります。逆にかみ合わせが悪いと、よく噛んで食べることが難しく胃腸や、顎の関節にも悪影響を及ぼすこともあります。さらに口呼吸や舌癖、頬づえなどの悪習慣を続けていると、肩こり、頭痛、顎関節症、不正咬合の悪化など将来何らかの体調不良の因子になりえます。

スポーツで力を十分に発揮するにはかみ合わせが重要なポイントです。パフォーマンス向上のために矯正治療を行ったスポーツ選手も多いですね。

学生は集団生活の中で人と自分を比べてしまう機会が多いかもしれません。歯並びやかみ合わせで気になることがあれば、早めに歯医者さんで相談してみるのもお勧めです。矯正治療はすぐには始まりませんので、家族とも話合って有意義な学生生活を送っていただきたいですね。

20150807095514

ののやま矯正歯科医院