歯が小さすぎる時には?

上下の歯がうまくかみ合うように、それぞれの歯にはバランスの良い形があります。しかし時々歯の形に異常が起こる事があります。小さすぎたり、隣の歯とくっついてたり、時には生まれつき歯が無い事もあります。デメリットとしては、噛み合わせにズレが出る、審美的な違和感、などがあります。

矯正治療で歯並びを整える時には色々な対処法があります。歯が小さい時には、少しだけ歯の形を修整して噛み合わせを作った方が良いこともあります。歯が欠損している時には、奥歯を前に寄せて隙間を埋めたり、人工の歯で補う治し方もあります。治療開始時には精密検査をして全体のバランスを考えながら慎重に計画を立てます。

写真の2番目の歯は形の異常とされる円柱歯と呼ばれる小さな歯です。しばしば中心から2番目の歯に見られます。(中心から2番目と5番目の歯には先天性欠如が他に比べて高確率で起こります。)

20150703121430

ののやま矯正歯科医院