お勧めは小学校低学年までのスタート

乳歯から永久歯に生え替わるとき、最初に出るのは顔の中心にある「中切歯」と呼ばれる歯。食べ物をかみ切るこの歯のチェックポイントは、かみ合わせたとき下の歯が上の歯より内側にあるか、上下の歯の中心がずれていないか、といったことでしょう。続いて、一番奥の乳歯のさらに後に「第一大臼歯」とよばれる大きな歯が生えてきます。この歯は「6歳臼歯」とも呼ばれますが、食物をかみ砕く中心的な役を担います。6歳臼歯が、良い位置にまっすぐ生えてしっかりかみ合っているかどうかは、後から生えかわる歯の生え方にも大きな影響を及ぼすのです。キレイなかみ合わせの鍵を握るこれらの歯が出てくる小学校低学年から、小学校卒業くらいまで、大人の歯へのよい生え変わりを矯正歯科で管理するのが理想的だと思います。これは早期治療や1期治療と呼ばれ、海外の矯正先進国をみてもこのような流れになっています。大人になってからの矯正治療の土台作りとなります。

20150811112228