目立たない矯正装置

矯正治療にあたって『装置が心配』という人がほとんどでしょう。矯正装置には様々なタイプのものがありますがみなさんが最初にイメージするものは、主に大人の矯正治療で使用する「マルチブラケット装置」ではないでしょうか。全ての歯にブラケットと呼ばれる器具をつけ、そこにワイヤーを通して歯を動かします。ブラケットには半透明、白色、小さいいもの、歯の裏側につけて表からは見えないもの等、種類も豊富です。一方、子供の早期治療ではこのマルチブラケットを主に使わず、目立たないものや見えない装置を使います。歯の内側からワイヤーで力を加えて歯が並ぶスペース作りをする「リンガルアーチ」や、マウスピースタイプの取り外しの装置、眠る時に使う帽子形の「ヘッドギア」等が主流です。装置は通常数日〜数週間で慣れるといわれています。子どもの矯正装置は人から見てわかりにくいので、目立たないことは一つのメリットでしょう。どの装置を使うかは精密検査を行ってその方に最適なものを選びます。

よい噛み合わせ、そしてきれいな歯並びはあなたにとって生涯にわたるかけがえのない財産になる事でしょう。

20150323180501