矯正が終わったらどうするの?

矯正治療が終了した時点で、レントゲン撮影、模型分析をする検査を行います。その検査後は定期的にクリーニングを行い、保定装置を使い歯並び噛み合わせを維持する保定期間に入ります。
そして2年後、同様の検査を再び行います。歯並び噛み合わせが維持できているのか、どのように変化したのかを検査、診断をします。
その後は、当院の保定装置を使用している間は同様に、定期的にクリーニング、保定装置のチェックを行い保定管理を続けていきます。
そして10年後もまだ当院に通院されていたら、また同様の検査を行い、経過を見る場合があります。
検査、診断、クリーニングは自費治療の場合、治療費の中に含まれておりますので、追加で料金はいただきません。
矯正が終わったらそれで全てが終わりではありません。歯並び噛み合わせがきちんとキープできているかご自身でもチェックしてみてください。

ののやま矯正歯科医院