アンカースクリュー

アンカースクリューとは、生体親和性が高いチタン合金の小さなネジを歯茎や上顎に打ち込み、ゴムや針金などをかけて引っ張る時の固定源です。
歯のガタガタが強い、垂直的な問題が大きい、歯の移動距離が大きい、ヘッドギアの使用が困難な方、効果が少ない方などに使用する事があります。
アンカースクリューを装着する時は、局所麻酔をして行います。出血はほとんどありません。
その後の注意点としては、お口の中を清潔に保つ事です。アンカースクリューの周りにプラークが付着すると細菌感染を起こし化膿しアンカースクリューが脱落してしまいます。すると固定源に使用できないため、治療を進める事ができなくなってしまいます。
特に20歳未満の女性に脱落率が高く、喫煙されている方も脱落のリスクが増大します。少なくとも施術の前後しばらくは禁煙してください。
アンカースクリューは目標を達成したら外します。局所麻酔もせずにすぐ外す事ができ、痛みや出血もほとんどなく、傷口も2・3日で塞がります。

ののやま矯正歯科医院