歯と歯の間に隙間をあける

矯正治療では奥歯に金属の輪をはめて接着剤で固定するバンドという部品を使う事が多いです。歯の内側、外側に頑丈に部品を付ける事が出来ます。
しかし、歯は隣の歯とぴったりとくっついて並んでいるので、バンドをはめようとしてもはめる事ができません。事前に歯と歯の間を広げる「歯間離開」が必要になります。
バンドをはめる歯の両隣にセパレートというゴムを挟んで2日〜1週間するとそこに隙間が出来ます。その隙間を利用してバンドを装着していきます。子供の場合ほとんど痛みはないのですが、成人の場合はかなり痛みが強いです。つけた直後はきつく、1〜2日後噛んだ時の痛みが強くなりますが、1週間程度で治まってきます。
隙間が十分出来るとセパレートのゴムが自然に外れることが有りますが問題ありません。あまりに早く外れてしまったり、ちぎれた場合は再度装着しますので、連絡してきて下さい。成人で噛み合わせがキツイ人はゴムだとすぐちぎれてしまいますので、ブラスワイヤー(真鍮線)を用いる場合もあります。歯磨きは通常通り行って構いませんがフロスや歯間ブラシを使って外してはいけません。
セパレートを行っても、金属の被せ物等が奥歯に入っているときは形態が適切かどうか判断し、ストリッピング(少しだけ歯の間を削る)で隙間を作る事もあります。

ののやま矯正歯科医院