成長期を利用した子どもの矯正

 “子どもの矯正”と“大人の矯正”の大きく違うところは、子供が成長期であることを利用して口の周りの骨のコントロールが出来ることです。骨格標本をよーく観察すると、頭の骨にいくつものギザギザの線が見えます。このつなぎ目のところでは、矯正の装置を適切に使うことによって成長を促進させることができます。ただ、身長も短期間で伸びる訳ではないように「自然の成長をいかす」治療ですから数年計画で矯正の治療を進めていきます。通院の頻度は治療内容によっても変わってきますが矯正装置の調整や成長観察などを交えながら1〜6ヶ月に1回程通うことになります。
 主に小学生のこの時期は、大人の歯への生え替わりの時期でもあり発音や咀嚼(かむ事)の完成期。顎の関節やかみ合わせに問題がある場合は、身長がぐっと伸びる小学校高学年から中学生にかけて顎のズレが大きくなることがあります。
 より良い発音やかみ合わせのためにも成長期の治療が望ましいといわれています。

20141125185332