歯の変色

今日は歯の変色についてお話しします。歯の変色は大きく分けて2つに分かれます。
1つ目は内因性の変色です。
・テトラサイクリン系の抗菌薬の投与によるもの:歯の形成中にテトラサイクリン系の抗菌薬を服用するとその副作用で歯が黄色や灰白色、暗褐色に着色します。
・歯の治療で神経を抜いたことによるもの:時間とともに歯が黒ずんだ色に変わっていきます。
・加齢によるもの:年を重ねると象牙質が厚くなり、象牙質の色が濃く見えることで歯が黄ばんで見えることがあります。
・フッ素によるもの:高濃度のフッ素により歯に白斑ができます。
2つ目は外因性の変色です。
・喫煙や飲食物によるもの:喫煙は、タバコの含まれるタールという物質が歯の着色の原因となります。飲食物では、紅茶、緑茶、ウーロン茶、コーヒー、赤ワイン、チョコレート、カレーなどで着色しやすくなります。
・虫歯によるもの:初期虫歯は白く濁った色をしていますが、進行していくと茶褐色や黒っぽくなっていきます。
・詰め物や被せ物のよる変色:虫歯の治療によって詰めた金属によって歯が変色することがあります。

ののやま矯正歯科医院