骨は歯がないと痩せる!?

歯茎の中で歯を支えている骨(=歯槽骨)。永久歯を歯周病や虫歯など何らかの理由で失ってしまったり、生まれつき永久歯が無い場合(先天性欠如)や、ガタガタが強くて本来歯があるべきの所に永久歯がないと、そこの歯槽骨はどんどん痩せていってしまいます。乳歯の生え変わりの時は、歯槽骨の中に永久歯がスタンバイしているので骨が痩せることはありません。永久歯を失い、一度失ってしまった歯槽骨はなかなか元には戻りません。痩せてしまった歯槽骨の所へ矯正治療で歯を動かす必要がある時、歯の動きが悪かったり、歯を支える力が弱く、歯肉退縮の原因になります。
歯槽骨を再生させる方法としては、歯周組織再生誘導法、エムドゲイン、骨移植といった外科手術があります。しかし手術を行っても、骨を完全に再生させることは難しく、あらゆる症例に対して行えるものでもありません。大切なことは歯周病や虫歯で歯を失わないように予防することと、歯が無い状態で放置せずに早めの対処を行うことです。

ののやま矯正歯科医院