矯正と口内炎

「矯正治療を始めてから口内炎ができやすくなった」という方は少なくないと思います。
今日は痛くて辛い口内炎についてお話しします。

〈口内炎ができる原因〉
・頬や舌を噛んでしまったり、矯正装置が当たることにより傷ができたため
・免疫力の低下①栄養バランスが乱れる(ビタミンB不足)
       ②胃腸の調子が悪い
       ③ストレス、寝不足、疲れ
・口腔清掃不良

私たちのお口の中の粘膜は日々の食事でも小さな傷ができています。それを日々修復しているのですが、免疫力が低下していたり、口の中が清掃不良でバイ菌だらけだとその傷は悪化し口内炎になってしまいます。
装置が擦れて当たる場合は、調節してもらったりワックス(樹脂)で装置を覆うことによって当たるのを防ぎます。医院によっては塗り薬を処方してもらったり、レーザーを当ててもらえます。
予防、改善の為にも、毎日の歯磨きをきちんと行い、うがい薬などでお口の中の細菌を減らして清潔に保ち、栄養バランス、生活リズムを整え、健康的に過ごしましょう。

ののやま矯正歯科医院