矯正治療と歯周病の関係

矯正歯科治療中の患者さんの中には一般歯科で歯周病の治療や定期的なメインテナンスを受けている方もいるでしょう。今まで上手にブラッシングできていた人でも矯正治療でお口に中に装置がついたことによってお口の中の環境が一変してしまうことがあります。
そもそも歯周病とはお口の中の歯周病菌によって引き起こされる感染症ですが、歯周病菌がお口の中にいても全ての人が歯周病になるわけではありません。
歯周病は、高血圧や糖尿病などの生活習慣病と同じようにその人の免疫や生活習慣などが複雑にからんでいると考えられています。そのため歯周病を予防するには毎日のお口の中のお手入れや定期的な歯科受診だけでなく生活習慣を見直す必要があります。具体的には、食習慣の改善、禁煙、十分な睡眠、ストレスの軽減などが考えられます。
それに加えて、噛み合わせのアンバランスを正すことも歯周病予防のポイントになります。歯周病につながる不正咬合は上顎前突、開咬といった噛み合わせ。口が閉じにくいため歯茎が乾きやすく歯周病のきっかけになります。また特定の歯にだけ必要以上の力がかかる外傷性咬合は、過剰な力がかかる部分の歯周組織が圧迫され血流が悪くなり歯周病のきっかけとなる歯肉炎が治りにくくなります。
特定の部分の歯が強く当たる気がする。そんな方はご相談ください。

ののやま矯正歯科医院