マルチブラケット治療のトラブル

本格矯正で用いられるマルチブラケット装置。数年間使用する固定装置ですが、様々なトラブルが起こりやすくなっています。
1つ目は、ブラケットの破損です。歯に接着剤でくっつけている四角い部品(ブラケット)は、強い力がかかると外れてしますので、あまり固い物を咬まないよう気をつけてください。また、不正咬合の人は最初のうちは、部品と歯がぶつかってしまい壊れやすくなっています。誰もが治療中に数回起こるトラブルですが、痛みや違和感がないようなら、次回来院時に修理させて頂きます。
2つ目は、ワイヤーのトラブルであり、こちらもよく起こります。特に治療初期に用いる細いワイヤーは、ずれたり、抜けたりしやすいです。そのまま放っておくと、頬粘膜に食い込んで痛みを伴うことも多いため、外れた際には早めに治しに来てください。
3つ目は、歯が動く痛みです。個人差はありますが、3日〜1週間はある程度の痛みは避けれませんので、その際には、柔らかいものを食べるなどしてやり過ごしておいてください。なお、どうしても痛い場合には、痛み止めを服用しても構いませんが、歯の動きを妨げてしまう可能性がありますので、頼りすぎないよう注意が必要です。
症状によっては、急患対応させていただきますので、気になることがありましたら、お気軽にご連絡ください。

ののやま矯正歯科医院