矯正治療中の楽器演奏

矯正治療を行う際、楽器演奏(主に管楽器)が出来るかどうか気になる方も多いかと思います。一概に管楽器といっても、音の出し方によって影響は様々です。
フルートなどの木管楽器やマウスピースの大きい金管楽器は比較的支障が少ないですが、トランペットやホルンのようなマウスピースの小さい金管楽器は、唇を楽器に押し当てて演奏するため、粘膜が傷つきやすかったり、高音が出しにくいなど支障が出やすいでしょう。また、シングルリードのクラリネットやサキソフォンは装置に慣れるまで思うような音が出しづらかったり、指しゃぶりと同じような力を加えるため、出っ歯や開咬になりやすく、治療中の歯の動きを妨げるとされています。
矯正治療中も時間が経過し装置に慣れれば練習とともに音が出せるようになってきます。しかし、慣れるまでの期間は個人差があります。そのため、大切なコンクールや演奏会の前には新しい装置をつけたり、外したり、お口の中の大きな変化を避けるように治療を行うこともできますのでご相談ください。

s_%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a

ののやま矯正歯科医院