知覚過敏と矯正治療

知覚過敏とは、冷たいものがしみる、冷たい風が当たるだけで痛いなどといった症状のことです。実は、矯正治療中には知覚過敏になりやすいと言われています。装着型の矯正装置がつくと特に歯磨きがしにくくなり、虫歯や歯周病になる場合もあります。その予防のためにも丁寧にブラッシングをすることが大切ですが、激しく歯ブラシを当ててしまうと歯が削れてしまい、象牙質がむき出しになり刺激が伝わりやすくなります。正しいケアとしては、歯ブラシだけでなく、歯間ブラシやワンタフト歯ブラシ、デンタルフロスなどを使って奥や装置の間を優しく磨くことがお勧めです。
ほとんどの場合には、2〜3日のうちに治まりますので心配はいりません。しかし、虫歯が原因の場合や、回復しないほど歯髄にダメージがある場合、我慢できない痛みが昼夜を問わず現れる場合は、歯髄を除去する治療を行う方が良い場合もあります。軽度であれば、フッ素イオン導入や治療薬の塗布を行います。
もし、歯がしみるなどの症状がありましたら、診察時にお知らせください。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a2

ののやま矯正歯科医院