歯の萌出

私たちの歯は、まず乳歯が生え、その後、永久歯へと生え代わっていきますが、その際の順番や時期はおおよそ決まっています。
最初の乳歯は、生後6か月から8か月にかけて下の中央の歯(乳中切歯)、その後、上の乳中切歯のが生えてきます。そして、少し遅れて隣の乳側切歯や、相対する上の乳側切歯が生えてきます。1歳半くらいになると1本離れたところに奥歯の第1乳臼歯、2歳までには乳側切歯と第1乳臼歯の間に乳犬歯、最後に一番後ろの乳歯である第2乳臼歯が2歳半から3歳頃にかけて生えて、合計20本の乳歯となります。
永久歯が生え始めるのは、6歳前後からとなります。今までは、6歳臼歯と言われる下の第1大臼歯が最初に生えると言われていましたが、最近では、下の乳中切歯の方が早く生え代わる場合も多いとされています。それから6か月から1年くらい経つと、その横の側切歯や上の中切歯が生え代わり、さらに数か月後には上の側切歯が生え代わります。9歳から12歳くらいには、側方歯群と呼ばれる乳犬歯、第1乳臼歯、第2乳臼歯が生え代わり、さらに、これらの歯の一番後ろに12歳臼歯と言われる第2大臼歯が生えます。人によっては20歳頃から、さらに後ろに親知らず(第3大臼歯)が生える場合もあります。
個人によって多少の前後はありますので、全体的に早かったり遅いのは問題にはなりません。しかし、平均より4〜5年以上ズレがあったり、左右の同じ歯の交換時期が1年以上異なる場合は一度専門機関で相談してみたほうがいいでしょう。

s_%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a%ef%bc%92

ののやま矯正歯科医院