アクロメガリー(先端巨大症)、下垂体性巨人症と矯正について

アクロメガリー(先端巨大症)、下垂体性巨人症とは、脳下垂体にできた腫瘍が原因で、成長ホルモンが過剰に分泌される病気です。子供の時に発病すると骨が縦方向に伸びて巨人症になりますし、大人で発病すると、噛み合わせが悪くなる、手足の肥大、下顎が出てくる、目の上やおでこが飛び出る、鼻が大きくなる、舌が大きくなる、唇が厚くなる、などが起こります。

矯正の分野では「受け口、反対咬合」が主な症状です。治療開始の際、骨格を見る為にレントゲン写真を撮って詳しく分析するのですが、このとき下垂体部に変化を見つける事もありますし、患者さんの全身の症状から判断して精密検査をお勧めする事もあります。極めて稀な病気ですが、しっかり治療をすれば改善が期待できます。しかし一般に知られている病気ではない為にそれぞれの症状に悩みつつも適切な検査を受けてない方もいるようです。アクロメガリーの場合、その治療をしていなければ矯正治療もなかなか良くならなかったり、噛み合わせを改善してもまた病気によって元に戻る事が起こりえますので、必ず下垂体の治療も併せて行う必要があります。

20150423151919

すきっ歯

乳歯がすき間なくきっちり並んでいると、大人の歯に生え変わる時にすき間が足りずガタガタに生えてしまう心配があります。ガタガタの歯をらんぐい歯と言いますが、それとは逆に歯と歯の間にすき間がある歯並びをすきっ歯(空隙歯列)と呼びます。幼児期のすきっ歯は大きな問題はないでしょう。しかし大人の歯に生え変わってからもすき間があるなら少し注意が必要です。

原因としては生まれつき歯の数が少なかったり、逆に過剰な歯のために前歯がすく事もありますし、子供であれば一時的に前歯がすく事もあります。歯が極めて小さい、あるいは歯に比べてあごが大きい等もすき間ができる原因です。小学生の時に抜けるはずの乳歯が後続の永久歯が無いため大人になってから抜ける事もあります。放っておくと前後の歯が倒れたり、噛み合わせの歯がのびてきたりして全体の歯並びに悪い影響があります。

お子さんの生え変わりに疑問を感じられたら簡単な検査で先天欠損歯の確認等が出来ますので早めに知って乱れが出る前に対策を考えておきたいものです。シニアの方では、歯周病によって歯が徐々に乱れすきっ歯になる事もよくあります。いずれも矯正治療で計画的にキレイにすることができますし、他の様々なアプローチもありますので一度歯医者で相談すると良いでしょう。

20150420152245

どうして歯並びが悪くなるの?

出っ歯、受け口、八重歯等歯並びが悪いために正しくかみ合わせができない歯並びのことを「不正咬合」とよびます。歯は本来骨のスペースやバランスが整っているとキレイに生えてくるものなのですが、何が歯並びに良くない影響を与えてしまうのでしょうか?一つとして同じタイプの不正咬合はないといわれるのですが、いくつかの原因が考えられています。

1)遺伝。顔が似るように骨格も似るため,受け口や出っ歯などは似ることがあります。
2)あごの未発達。柔らかい物ばかり食べるとあごがしっかり発達しませんが、近年の日本の食生活自体が変化し噛む回数も激減しているため、個々人だけの問題では無いとも考えられます。
3)乳歯の時の虫歯を長く放置する。
4)生活上のクセ。幼児期の指しゃぶり等。

学校の歯科検診でも不正咬合のチェック項目があり、そのまま放置すると成長過程で悪化したり、他のお口や顎関節のトラブルを併発する可能性があるとして問題視されるようになりました。様々な不正咬合の原因があるからこそ、矯正歯科をよい歯並びの実現のための心強いパートナーと考えてください。

20150407153633

キレイな歯並びで笑顔美人

一昔前のサッカーワールドカップで、諸外国の人が日本人と他国のアジア人を見分ける方法は「悪い歯並び=日本人」だったという残念な話を聞いたことがあります。

「八重歯」や「乱ぐい歯」は歯がでこぼこに生えている歯並びで、例えば現代っ子に多い“小さな顎に大きな歯“が並ぼうとした結果で起こってしまいます。八重歯はこれまでの感覚では好意的な見方もありましたが、国際化が進み予防や歯の美しさへの意識が高まった昨今「できればキレイな歯並びがいい」「不正咬合は治療しないといけない」「どの程度の歯並びだと治療が必要?」と関心のある人の方が多くなってきました。

クラスに矯正をしている子は誰もいないのが当たり前だった時代もありましたが、今の小学生はクラスに数人は矯正治療をしているような状況になってきています。お友達が矯正治療をしていれば、これから治療始めるお子さんも安心できるかもしれませんね。キレイな歯並びの笑顔美人が今後きっと増えていくでしょう。矯正専門医としても矯正治療を通じて笑顔の輪が広がっていくのがとても楽しみです。

20150407150744

抜歯症例

大きな歯に小さなアゴ。このような条件が整ってしまうとガタガタの歯並びになります。歯の大きさをコントロールする事は出来ません。しかし、子供であれば矯正装置を使ってアゴの成長をコントロールをする事がある程度可能です。では、成長期を過ぎた場合はどのように対応するのでしょうか?

骨格的な問題がある場合を除き、ガタガタの程度が小さい場合は、歯を抜かずに並べる治療が可能かもしれません。少しすき間が足らない場合や最終的な微調整で奥歯をコントロールしたい時には矯正用アンカースクリューを用いてしっかりとしたかみ合わせを作る事もあります。しかし、ガタガタの大きい場合には同じような治療計画では良いゴールが望めなくなります。ですので、歯を間引いて並べる方法が選択肢として出て来ます。いずれにしてもレントゲンを含む様々な資料を元に分析にかけて治療計画を作製します。

この写真では、ガタガタの程度は小さいですが、前歯が噛んでいません。そして上下の歯は前突傾向にありますので、これをただ並べると更に前突傾向が強くなってしまいます。このケースでは上下の抜歯と、矯正用アンカースクリューを併用して良好なかみ合わせ、そしてきれいなEラインの口元が実現しました。

20150407092447

開咬

 奥歯をしっかり噛んだ時に前歯が噛み合ずに隙間が空く状態を「開咬(かいこう)」といいます。奥歯しか当たらず、前歯で噛むことができないため色々な問題がおこります。まず食事の時前歯で物を噛みきる事ができず食べ物の咀嚼が不十分なため、消化が悪く胃への負担が心配です。次に前歯がすいているので“口が開いた状態”になりがちなことです。

 お子さんの口がいつも開いた状態だと気になさる保護者の方も多いのですが、口が無意識のうちに開くのは歯並びや口の周囲の筋力のアンバランスが原因だったり、鼻の病気がある為に起きる事が多いのです。本来は鼻がフィルターの代わりになっているので鼻呼吸が正常ですが、それができず口呼吸になっている場合には、空気中の菌やウイルスを体内に取り込みやすく病気になりやすくなったり、お口のトラブルの要因にもなります。耳鼻科で相談するのも良いでしょう。歯が原因であれば歯並びを治療しないと改善が望めないので、本人がいくら気をつけても限界がありますから周囲の方の理解が大事ですね。

 矯正専門医では歯並びの改善と同時に口の筋肉のトレーニングを行っています。

20150404185053

40代以降でも矯正はできる?

矯正といえばどのようなイメージがありますか?「学生、特に子供の治療」という印象を持っている方も多いのでは。実際に矯正相談にお越しの方からも「年齢的に遅すぎないでしょうか?」といった言葉を時々お聞きします。

 大人になってからでも矯正治療はできます。ただし、10代の頃と同じ条件で治療ができるとは限りません。一般的には矯正治療による「痛み」が幼少期と比べて大きくなると言われていますし、年齢が上がるほど歯の動きも遅くなっていくため治療期間が若干長くなるということもあるでしょう。また、若い頃には無かったお口の中の問題を既にかかえていることもありますので、治療ゴールを歯科医と患者同士でよく話合う必要がありますね。

 歯を抜けたままにしておくと、かみ合わせが変って歯が出て来たりすることもあります。他にも歯周病が悪化すると歯がグラついて抜け落ちたり歯列が乱れたり原因にもなります。このようにお口の問題は単独で起こる事より、影響し合ってトラブルを大きくしてしまうことが多くあります。こうした複雑な問題に、「ムシ歯」「歯周病」「歯並び」をそれぞれ専門にする複数の歯科医師が協力して解決する「包括的歯科治療」といった動きも広がっています。健康なお口を持続させるためには、早めの予防治療が大切ですね。

20150406144259

矯正歯科はチーム医療

矯正治療は装置を使って歯並びや骨格を整えていくので約1ヶ月に1回矯正歯科へ来院してチェックをします。自分の天然の歯をキレイに並べて行く治療なので基本的には歯を削ったり注射をしたりはしません。治療は痛くないので小さなお子さんも安心ですね。

「笑顔に自身を持ちたい」「噛み合わせは体の健康にも影響があるから」治療の動機は様々です。自分の歯並びや噛み合わせが良くなるのは大きな喜びですが、治療には時間も必要です。長期間専門的に管理をするのに大切なのはチーム医療。矯正歯科専門医(矯正治療に関するエキスパート)、歯科衛生士(お口の管理をお手伝いします)、歯科技工士(矯正の装置を作ります)、受付(治療計画に沿って予約を調整します)、トリートメントコーディネーター(長い治療の間のどんな小さな不安や疑問も解消するアドバイザー)など。矯正以外の処置は患者さんのかかりつけの歯科医師と連携を取って受けて頂きます。もちろん主役は患者さん。チームが一丸となってキレイな歯並びをめざします☆

20150324112817

目立たない矯正装置

矯正治療にあたって『装置が心配』という人がほとんどでしょう。矯正装置には様々なタイプのものがありますがみなさんが最初にイメージするものは、主に大人の矯正治療で使用する「マルチブラケット装置」ではないでしょうか。全ての歯にブラケットと呼ばれる器具をつけ、そこにワイヤーを通して歯を動かします。ブラケットには半透明、白色、小さいいもの、歯の裏側につけて表からは見えないもの等、種類も豊富です。一方、子供の早期治療ではこのマルチブラケットを主に使わず、目立たないものや見えない装置を使います。歯の内側からワイヤーで力を加えて歯が並ぶスペース作りをする「リンガルアーチ」や、マウスピースタイプの取り外しの装置、眠る時に使う帽子形の「ヘッドギア」等が主流です。装置は通常数日〜数週間で慣れるといわれています。子どもの矯正装置は人から見てわかりにくいので、目立たないことは一つのメリットでしょう。どの装置を使うかは精密検査を行ってその方に最適なものを選びます。

よい噛み合わせ、そしてきれいな歯並びはあなたにとって生涯にわたるかけがえのない財産になる事でしょう。

20150323180501

気になる出っ歯

歯並びの欠点は横顔のラインに出ることが多いもの。横顔を簡単にチェックする方法は、鼻の先と顎の先をつないだ線(Eライン)より上下の唇の先がどの位置にあるかを見ます。Eラインよりもやや内側にあるのが理想的ですが、この基準でいくと日本人は口元がモコッと出やすいとされています。

俗に「出っ歯」とよばれる歯並びの原因やタイプは様々。上の前歯が極端に突き出した場合もあるし、上顎の骨自体が飛び出していたり、逆に下顎が小さすぎるケースもあります。デメリットは前歯で物をかみ切れない、サ・タ行の発音が不明瞭になるなど滑舌への影響、唇が閉じにくい等です。中には“出っ歯”の外見にコンプレックスを感じている方もいらっしゃるでしょう。

子ども治療から治療をスタートしてうまく骨の成長のコントロールができれば、大人の治療に移行した時に負担の少ない治療方法の選択肢が増えるかもしれません。矯正治療においてはあらゆる角度からの精密な検査と妥協のないデータ分析があってこそ、初めてEラインを意識した「全ての歯でばっちりかめる美しい口元」が実現するのです。

20150227161707