治療例

お子様の矯正治療をお考えの方

お子様の矯正治療をお考えの方 叢生

前歯が随分と前に飛び出ています。噛み合わせ という機能的な問題も大切ですが、子供の場合は、しばしば転んでぶつけて前歯を折る ということもあります。出来れば、早い段階で大きな問題は解決しておきたいところです。しかし、飛び出た前歯をそのまま後ろに動かそうと思っても隙間が無ければ動かせません。ガタガタが別の場所に出来るだけです。でも子供の場合は大人と違い、小さい顎は大きくできるチャンスがあります。

詳細はこちら
お子様の矯正治療をお考えの方 上顎前突

中程度の上顎前突とガタガタがみられます。先ずは、下顎の成長促進と大人の歯が十分並ぶことの出来る大きさの顎にする事を考えました。

成長期の時期に急激に下顎を成長促進させると、奥歯が噛み合わなくなるような変化を見せるほど下顎が大きくなります。実際には成長している部分と、顎関節の結合組織が肥厚しているだけの部分が有りますので、関節頭の関節窩へのシーティングを2−3ヶ月おいて成長量の再評価をおこないます。使用しているメカニクスにもよりますが、結果的に下顎が開くような変化を起こしますので、面長な顔だったり顎のエラが発達していないタイプの子には不適当な場合も多いです。また、装置の使用方法にエラーが有ると単なるデュアルバイトという不正咬合を作り出すかも知れません。

詳細はこちら
お子様の矯正治療をお考えの方 下顎前突(受け口)

比較的、深いかみあわせで前歯が逆に噛んでいます。ガタガタの程度は大きくないので、上顎と下顎のバランスを整える治療をしました。当然、歯を抜くという話は出てこないので、抜かない矯正・非抜歯矯正です。

詳細はこちら
お子様の矯正治療をお考えの方 開咬(前歯が噛めない)
お子様の矯正治療をお考えの方
開咬(前歯が噛めない)

前歯がちっとも噛めていません。概ね指を吸ったり、ベロを出すクセが強い人にこのような噛み合わせの問題が出てくることが多いです。クセを取り除くトレーニングだけで改善する人もいますが、問題が大きければ装置とトレーニングを併用します。

詳細はこちら
お子様の矯正治療をお考えの方 顎変位

下顎が左にずれています。ご覧の通り大人の歯も生えていない乳歯列です。通常ですとこの様な年令では、積極的な治療はしないのですが例外は顎偏位です。放っておくと、成長と共に大きな左右差となって出てきますので、出来るだけ早い改善が望ましいと考えられます。 なぜ顎変位・顎偏位と言葉が混ざってしまっているのかは 『矯正歯科]講座』の"側方変位症例"をご覧ください。

詳細はこちら
お問い合わせフォーム