治療例

大人の矯正治療

大人の矯正治療 インプラント矯正

サンキン SMAP スーパー ミニ アンカレッジ プレート
Jeil デュアルトップミニスクリュー

サンキン SMAP
スーパー ミニ
アンカレッジ プレート Jeil
デュアルトップミニスクリュー

大人の矯正治療 上顎前突

上顎前歯の前突が見られます。下の歯には中程度の叢生と口唇前突感がみられました。分析結果では、2級1類と呼ばれるタイプの不正咬合でした。上顎の左右第一小臼歯を抜歯してマルチブラケット治療を行いました。

詳細はこちら
大人の矯正治療 下顎前突

下顎前突が見られます。上顎の左右の側切歯(2番目の歯)は先天欠如でした。最近まで左上の乳犬歯が残っていた跡が見られます。下の歯は叢生も見られません。先欠の対応では素直に考えて人工的に歯を補う補綴処置が第一選択肢になります。矯正治療では、しばしば抜歯を行う事が多いので、先欠が在れば、その他の歯を抜歯して解決する事も多いですが、この方の場合は非抜歯の計画に致しました。

非抜歯での治療になりましたので、上顎の中切歯と犬歯の間に側切歯のスペースを作っている所です。もともと歯が無かったために、前方にも側方にも歯槽骨が少なく傾斜移動が多いので慎重な移動が求められます。

詳細はこちら
大人の矯正治療 開咬

開咬と叢生が見られます。どうやら左右小臼歯間の歯は、それまでの人生でほとんど使われてこなかったようです。なので通常ですと、萌出してきたらほどなく消えてしまう前歯の先端のギザギザ(切縁結節)がそのまま残っています。概ねこのような開咬の場合は、前歯で噛もう噛もうとしているため、臼歯部を回転中心にした顎位のズレを生じている事が多いです。中心位マウントの咬合器やCPI測定で、更に大きな開咬である事が見つかります。

むりやり非抜歯で並べると、まるで前歯が噛まなくなったり、さらに顎をずらして噛む人になってしまいますので、小臼歯抜歯で対応しています。このケースでは下顎の非対称も見られるのですが、治療メカニクスが目一杯なので、正中変位が取り切れていません。でも僕だけかも知れませんが、このようなケースでも一切、斜めゴムは使わない事にしています。なぜなら、そのようなメカニクスは多かれ少なかれ、顎関節のズレを生じさせると考えられるからです。今時分なら、インプラントメカニクスにて改善しているでしょう。

詳細はこちら
大人の矯正治療 過蓋咬合

過蓋咬合が見られます。下顎の前歯がほとんど見えない状態に隠れています。タイプとしては2級2類と呼ばれる不正咬合です。上下共に中程度以上の叢生が見られますが、上顎前突の改善のために上顎のみ小臼歯抜歯としました。

詳細はこちら
お問い合わせフォーム